2010年04月23日

「会見オープン化を」全国地検に通知 最高検(産経新聞)

 最高検は22日、検察庁が開く記者会見にフリーランスの記者らの出席を認めるよう全国の高検、地検に通知した。最高検の酒井邦彦総務部長は同日会見し、「国民により開かれた会見を実施していきたい」と語った。

 最高検の指針によると、各地検の次席検事は定例記者会見を毎週または2週間に1度実施。また、重大事件の着手、起訴、判決の際には次席検事らが臨時記者会見を開き、事案の発表や質疑応答を行う。従来は原則、記者クラブに所属する記者に参加が限られていたが、フリーの記者やインターネット記者らにも枠を広げていくという。

 検察庁のホームページで参加者を募るなど詳しい運用方法については各地の記者クラブと協議していくといい、早ければ5月下旬から記者会見のオープン化が始まる。

【関連記事】
首相、記者会見は「質問者も責任ある」
政府・民主のマニフェスト作成 定まらぬ基本路線 首相指示書にダメ出しの珍事
閣僚記者会見「開放」進む ネットから大臣へ“ヤジ”
水道橋博士「ツイッターって“口べたなアンプ”」
供述調書漏洩事件 ジャーナリストがNHKと和解

ネット利用した選挙運動、参院選から解禁へ(読売新聞)
「新しい時代の桜咲かせたい」=鳩山首相(時事通信)
<東北新幹線>新青森延伸12月初旬に(毎日新聞)
6年に1度の柱祭り 「杉の町」鳥取・智頭(産経新聞)
バウンドの衝撃で左翼折れ横転 フェデックス貨物機着陸失敗で経過報告(産経新聞)
posted by ミタムラ ヨシテル at 11:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。